自分達にできる身近なところから行動を起こし、真っ白な雪が降る環境を、いつまでもスノーボードが楽しめる雪山を、私達の手で未来へ引き継ぎましょう!!



eco-sマウンテンクリーンキャラバン 第14回活動報告

■開催日時:2008年7月12日(土)12:00-15:00
■開催場所:スノータウンイエティ(静岡県)
■参加人数:59人(スノーボーダー、スキーヤー、リピーター)
■協力:スノータウンイエティ、エコピープル支援協議会、SBN snowboardnetwork、雪番長
■協賛:各社
■後援:日本スノーボード産業振興会



前回はまだ雨の心配をしていましたが、今回は気温の上昇を心配をするほどのピーカン晴れ!
東京は30度を超える真夏日だったとか。。。
日焼けや汗だく対策など道中いろいろ心配しましたが、スノータウンイエティに着くとそれほどの暑さは感じない。
むしろ風が心地よいほど。
デカイ雲が空を駆け抜けていて、日差しを遮ってくれる。絶好のゴミ拾い日和になりそうな予感のするイエティにはリピーターや学生、遠方からなどたくさんの人々が集まった。

もう夏を思わせる空に、eco-sのバナーが気持ちよさそうにそよいでる。
今回は暑くなりそうだと思いながら、受付準備。あれ、なんか人も車も少ないような?みなさん近場なんで集合が遅いみたいです。
雲がかかるようになり、ほんの少しだけ涼しくなってきたような・・・。注意点やゴミの分別方法、体力配分?など説明をしてマウンテンクリーンの開始です。
フジヤマリゾートの安富社長にご挨拶をいただきました。
雲間にところどころ夏の日差しが差し込み、暑くなるのか…とびくびくしながらゴミ拾いスタート。
ゲレンデの始まりにある、マットの間にはもちろんのごとくタバコの吸殻が。。。残念です。
夏の雲なんでしょうか?バックの雲に気をとられました。このゲレンデは駐車場が上にあるので、始まりは下りなんです。
はじめにガツガツいっちゃうと大変で。。。楽ちんと思ってるとあとで痛い目に。
ここもお決まりのゴミポイント、リフト下。だいぶ曇ってきたのでマウンテンクリーンにはちょうど良い気候でした。
昨年もこのゲレンデを清掃しましたが、やはりタバコの吸殻は多いかも。それでも、昨年よりは減ったかな?みなさんはどう思いました?
ここで集中すると一番下まで下れないってことにもなりかねません。
これもお決まり?!ジブアイテムは擦るべし!画像は撮るべし!イエティはパーク天国なので、こんなアイテムが点在しておいてあります。
マウンテンクリーンという点では関係ないかもしれませんが、もちろんこういった楽しみ方も山を楽しむという点ではありなのではないでしょうか?
昨年に引き継きご参加いただいた、関西ファミリーです。お金を拾った参加者がキッズに寄付を。。。いやいやプレゼントをしていました。
「あんな〜俺ごみ拾うねん♪」キッズの関西弁がとてもかわいくって、一生懸命拾ってる姿がまたラブリーでした。また来年も参加してもらいたいなぁ。
山の空気をいっぱいに吸い込んで・・・これぞ夏山の楽しみ方!すがすがしい空気も山の恩恵です。この空気をいつまでも吸えるように、子供たちにも残してあげられるように、eco-sの活動を続けていけたらいいですね。さあ、みんなも真似してー!すってー、はいてー。。。 イエティスタッフの中村様。ゴミを拾いながら、ゲレンデの現状視察です。先日大雨が降ったらしく、排水溝周辺の土砂が流されてしまったそうです。
ゲレンデを維持するにはこういった苦労もあるんだなぁ。。。と思ったヒトコマです。
眼下には遊園地がみえています。昨年ナイターで滑ったときに眼下にみえる観覧車が、とても幻想的だなぁと思った場所です。
勢いよくおりていくキッズは疲れしらず?!観覧車によろこんではしゃいでいました。この景色はイエティならではかも知れませんね。
帰りは登り。。。ゴミがいっぱいで登るのも大変そう。キッズにはとくにキツイみたいでした。
登りで拾えば効率的だったなぁと思いつつも、そんなわけにはいかないのでやっぱり拾いながらゆっくり登りました。
拾ったあとは分別。燃えるか燃えないかでの分別なので、缶や金属を分けました。
あとは危険物ということで、ライターは別で!といったら、ライターがかなりあることに気づき。。。タバコにはつきものですもんねぇ。
今回のゴミの量です。多いかもしれませんが、大物も含まれているのでこれくらいでしょうか。
ゴミにはデッキパッドやシートの破片の壊れ物系。ストックやそりなどの忘れ物系。でもやっぱりタバコの吸殻などのポイ捨て系がダントツですね。
最後にフジヤマリゾートの堀内様にご挨拶をいただきました。小さなゲレンデだからこそ出来ることというお話をしていただきました。
このあと、eco-s代表の塚田からもお話させていただきましたが、繋げることの大切さを痛感したマウンテンクリーンになりました。
最後にイエティ様よりコーラの差し入れをいただきました。このころから雲間が明けて、日差しが差し込んできたのでとても暑かったです。
なのでキンキンに冷えたコーラがとってもおいしかったです。



  
クリックすると大きいサイズでご覧になれます。
雲間にうっすら富士山が。。。 ストック拾いました!
レンタルかな?
携帯電池パック!きっと大変なことがあったに違いない 舞子で篭ったときの友達組なんですって。 間に合わない!というご連絡でしたが無事到着されました。
急遽参加したいんですが。とお問い合わせ頂いた方です。 犬をつれてご参加いただいたカップルです。 その笠いいですねぇ!もっと日差しがあってもバッチリ タオルはマスクにも日よけにも使える必需品です ベイビーを背負ってのご参加!念願だったそうです
前回に引き続きハプニングで遅刻?TEAM STYLE?のみなさん 二年連続参加の創価大学スノーボードサークル「Roof」 eco-s代表 塚田氏です。
装備もバッチリですね
今回最年少の二人組。
癒し系のかわいさ。。。
大物拾っちゃいました!
と意気込んでいたグループ

Text:HAL



たくさんの皆様にご参加いただきまして、eco-sスタッフ一同感謝しております。
ご参加下さいました皆様、お疲れ様でした!

パートナーチーム
TEAM STYLE?
~good boader good manner
創価大学スノーボード愛好会
Roof

           


特定非営利活動法人Japan Alpine Park Alternative Hemisphere Organization
(略称:NPO法人JAPAHO)
〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-40 PEGASUS AOYAMA507
連絡先:Tel:03-6434-9843/Fax:03-6434-9844
パートナー企業 エコフレンズ Copyright eco-s. All rights reserved.