自分達にできる身近なところから行動を起こし、真っ白な雪が降る環境を、いつまでもスノーボードが楽しめる雪山を、私達の手で未来へ引き継ぎましょう!!


eco-sマウンテンクリーンキャラバン 第17回活動報告


■開催日時:2009年6月21日(土)9:30-12:00
■開催場所:池の平温泉スキー場(新潟県)
■参加人数:197人(スノーボーダー、スキーヤー)
■協力:池の平温泉スキー場、エコピープル支援協議会、SBN snowboardnetwork、雪番長
■協賛:Hein OuterWear、各社
■後援:日本スノーボード産業振興会



梅雨の真っ只中のこの時期、仕方ないかもしれないが向かう道中は雨。。。それも局地的な大雨。
初の開催の危機?!と思われるも、現地に到着する頃には雨も小雨になってきた。これぞMTCミラクル!
受付のころには、ほぼ雨もやみマウンテンクリーンを開始することができました。
今回のマウンテンクリーンはいつもとはちょっと主旨が違い、池の平エコプロジェクトという大きなイベントに、eco-sとLOVE The SNOW SAVE the WNTER(以下LTS)との協力するという形です。
午前はeco-sのマウンテンクリーン、午後はLTSのガーデニングイベントというスケジュール。
そんな状況も相まって、参加人数は過去最高の約200人!!!池の平のローカルさんや、いつもeco-sにご参加していただいてる方々、そしてプロライダー多数も参加していただいて、いつもよりちょっと豪華でした。
またSTEP7によるギアバンク回収日でもありましたので、そちらもにぎわっておりました。
池の平温泉スキー場のパークプロデューサー大竹様からご挨拶をいただき、早速アルペンブリック前のエリアを中心にマウンテンクリーンスタート!
みなさんかっぱ持参で、雨対策はバッチリ。まだそんなに背が高くなっていない草の山をせっせと登っていきます。
少し離れたかやばエリアには、シャトルバスでの搬送をしていただき、広範囲での清掃をすることができました。
山に登っていくと、ゲレンデを滑ったことのあるの方が多いだけに、ゴミポイントもみんな把握してるカンジ。
途中、雨が降ってきましたが気にすることなくみなさん拾ってくれています。
でも、ちょうど食べごろのワラビを摘んでる方も沢山いましたけどね(笑)。こんな時期だからこそのゲレンデの正しい遊び方かもしれません。
また、みなさん手には水色の軍手。。。これは今回、Heinさんからご協賛いただいたもの。みなさん可愛くって汚したくないなんて言っていました。
下ってくる頃にはトラックが登ってきてくれて、持っているゴミを積んでいただきました。この気遣いうれしいですねぇ。
人数も多いこともあり、あっという間に終わった感のあるマウンテンクリーンでしたが、拾ったゴミ達はそんなに多くない?!
場所も広範囲だったにもかかわらず、ゴミがそれほどでないということは、池のパークキッズにも捨てない意識が芽生えている証拠!とてもいい傾向ですよね?
最後に、池の平温泉スキー場様から来期のリフト券をいただきまして今回のマウンテンクリーンキャラバンは終了しました。

が、しかし。。。

今回はコレで終了ではなく、引き続き各種イベントが開催されました。
池の平温泉スキー場自慢のバイキングランチ、タトラ館にてライダーによるチャリティーオークション。
LOVE the SNOW SAVE the Winter!主催の「LTSガーデン」作りプロジェクト。と午後も盛りだくさんで、たくさんのお客様にご参加いただきました。
LTSガーデンの始まるころには、朝の天気がウソのような日差しの強い快晴!
地元の方の協力により、ガーデン作業が不慣れな私どもをリードしていただき楽しく作業することができました。
熱中症になるんでは?というぐらいの気温になってきましたので、お茶の差し入れが大変うれしかったです。終わったあとのハーブティもまた格別でしたね。
「Smile of Earth ガーデン」と名づけられたこの場所はいもり池のそばになります。
詳しくはコチラ→「LOVE the SNOW SAVE the Winter!」http://lts.jugem.jp/

参加ライダー(敬称略)
後列左から、藤田真人、藤沼到、伏見知何子、山岡総子、大竹延王、谷口尊人、田鎖法史、関貴英、細野大輔、藤田薫、金田由貴子、
前列左から、ライダー:田中幸、泉の会:石井妙子、川村幸子、山下静子、木村由美、池の平温泉スキー場:平 大次郎、ライダー:高橋烈男、平野愛

今回はeco-sだけでなく池の平温泉やLTSといった方々が協力し合ったイベントとなり、たくさんの方に参加していただくことができました。
ホームゲレンデとして滑っているライダーの方々や池の平を愛してやまないライダーの方のご協力によりこんな素晴らしいイベントが出来たんだと思います。
自分達も楽しんでのエコ活動、大変とかではなく楽しむからこそ続けていける活動だと思ってます。
今回、LTSのガーデニング活動にも参加させていただきましたが、以外に大変・・・でもたくさんの仲間と一緒に汗を流してやればあっという間。その時間さえも楽しかった思い出になります。
1人じゃただ大変なだけですが、仲間がいれば楽しいに変わるんです。そんな気持ちでeco-sマウンテンクリーンキャラバンは続けていきたいですね。

text:HAL


SPECIAL THANKS:TEAM STYLE?~good boader good manner



  
クリックすると大きいサイズでご覧になれます。


たくさんの皆様にご参加いただきまして、eco-sスタッフ一同感謝しております。
ご参加下さいました皆様、お疲れ様でした!


特定非営利活動法人Japan Alpine Park Alternative Hemisphere Organization
(略称:NPO法人JAPAHO)
〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-40 PEGASUS AOYAMA507
連絡先:Tel:03-6434-9843/Fax:03-6434-9844
パートナー企業 エコフレンズ Copyright eco-s. All rights reserved.